ロバート・モーグの誕生日5月23日を記念しiOSのMoogアプリが全て無料ダウンロード可能に

シンセサイザーの創始者であり、モーグ・シンセサイザーの開発者として知られるロバートモーグ。
その誕生日である5月23日を記念しiOS版のMoogシンセサイザーアプリが全て無料ダウンロード可能となっています。



https://apps.apple.com/us/developer/moog-music-inc/id396776421



・Model D
・Model15
・Filtatron
・Animoog

の4種類です。



最大の注目はModel15かと思います。


Model15はMoog社初のモジュラー・シンセサイザー、Model 15を忠実に再現したiOSアプリです。
921オシレーター、904Aローパス・フィルター、907フィルターといったモジュールを組み合わせ、パッチケーブルを繋いでつまみを弄りながら音作り、演奏、というモジュラーシンセサイザーの操作性と音色をiOSアプリで実現しています。


Moog Music - Model 15


iOSアプリではありますが、BigSur以降のMacとiOSの連携強化の恩恵で、このModel15はMacでも使用する事ができます。

ただし、Big Surである事が条件で、Catarina以前のOSでは使用できません。
素晴らしい事にAU v3でLogic Proのソフトシンセとして使用する事ができます。
ただし、vstやAAX仕様の他のDAWでは使用できず、AUが使用できるAbleton Liveもv3に対応していないため、表示はされますが使用する事はできません。

また、CubasisなどiOSのアプリであれば、AudioBus経由でソフトシンセとして使用する事ができます。
Cubasisの音色としてMoogシンセw使用できるのはかなりの戦力アップになるという感じです。

音色、パッチケーブルの操作性とも非常によく、他のMoog モジュラープラグインとは一線を画す出来だと感じます。


通常3,600円であるこのアプリが無料です。
シンセファンであればインストールしても後悔しないのではないかと思います。

他のModel D、Animoog 、Filtatronも素晴らしいできだと思います。
是非導入をご検討ください。