AI作曲研究

AI作曲研究



AI MUSIC EXPERIMENT

 



講義概要

各種AI音楽生成のフレーズやループパターンを使用してAI音楽生成の可能性をとことん追求する。
単なる既存音楽を再現する自動作曲ではなく過去に人間ではできなかった作曲手法や新たな表現方法の開拓を目指す

 



講義内容
(最新のトレンドおよび進展具合に応じ常にアップデートされます)

1・AI音楽生成を現代音楽、電子音楽の観点から考察
ミニマル音楽、ミュージックコンクレート、12音音階など、アカデミックな現代音楽をAIで進化させる

2・各アルゴリズムに適したデータ学習と生成の考察・解説
どのアルゴリムでどんな音楽生成が可能か?どんな音楽データが求められるか?を考察

3・各種音楽生成と作品にする実践と研究
実際に音楽生成を試み作品として表現する

 


全9回(予定)の講義各回の概要
(アップデートに伴い内容、講義順番に変更の場合があります)
1講義約60分 合計約540分

第1回:生成ループを組み合わせたミニマル音楽と1小節の元ループから多彩なバリエーションを生み出す電子音楽

第2回:サンプルパターンを生成し組み合わせるAIミュージックコンクレート

第3回:トータルセリエズムのAI再現

第4回:12音音階の音楽生成を理論とアルゴリムから考察し実験

第5回:リズムパターンの生成とドラムのノリをAIで創る実験

第6回:コード進行を生成し、その進行に合わせた即興音楽生成

第7回:AIによるハーモニー生成で和音曲とピアノ生成曲の楽曲

第8回:リアルタイムアンビエント音楽生成とアルゴリズム作曲の数学

第9回:機械学習ライブコーディング :リアルタイムループミュージック作成

 


その他講義特徴
・講義資料はcanplayが独自に作成したオリジナルをPDFで毎回配布
・サンプルコードや学習用の音楽データもあり

 

前提知識
音楽生成のプログラミングを受講後であれば実践可能ですが、音楽理論に関してはそれなりの前提知識が必要です。
より深く理解および実践をしたい方は音楽理論本科へのご入学もご検討ください。

 


必要機材

PC
Mac、Windows問いません。
CPUはi5以上、メモリー4GB以上。
OSはMACは10.15(Big Surは未確認)
Windowsは10
ハードディスクは10GB、できれば20GBの空きを確保してください。


音楽ソフト
あくまで作曲手法解説ですのでどんなDAWソフトでも大丈夫です。
無料ソフトのご紹介もしますのでそちらで受講も可能です。
ただし一部機能はAbleton Liveのみ対応となります。(手順が少し増えますが、同じ音楽を他のDAWで創る事はできます)

 


受講プラン
AI作曲本科
で受講可能




入学申込

    お名前 (必須) 

    ふりがな (必須) 

    メールアドレス (必須)

    お電話番号 (必須)

    年齢(必須)

    住所 (必須)

    お勤め先・学校 (必須)

    ご希望のコース(必須)

    canplayを何で知りましたか?