AI自動作曲の最前線と未来を知るセミナー

AI自動作曲の最前線と未来を知るセミナー【無料】 自身の音楽制作に活かすには?自分でプログラムを作るにはどうすれば良いのか?を学ぶ

人工知能(AI)が音楽を作る未来がもうそこまで来ています。
近代の音楽史の中でも、もっとも劇的な変化となり得る革命が起きるかもしれません。
そんなAI時代の音楽家に求められるデジタル音楽制作とプログラミングの知識、また、音楽に生まれる全く新しい可能性など、、、通常知り得るのが難しい音楽の未来について学ぶデジタル音楽学校canplayオープンキャンパスセミナーです。

開催スケジュール

10月4日 木曜19:30~20:30 
10月10日 水曜19:30~20:30 
10月11日 木曜19:30~20:30 
(ご希望の1日のみご参加いただけます)

デジタル音楽学校canplayは
AI自動作曲プログラミングコース
https://canplay-music.com/ai-course/
の入学説明会として”AI自動作曲の最前線と未来を知るセミナー”を開催いたします。

内容

AI自動作曲を活用した未来のデジタル音楽制作と自身で実現する自動作曲プログラミングの解説
・AI自動作曲とはなんなのか?自分でプログラムするのは何をすれば良いのか?
・AI自動作曲プログラムの実例
・DTMでの使用例と未来の展望
・AI音楽が進むであろう2つの方向性とは?
・AI時代にこそ問われる、真の創造性とは?
など

料金

無料

開催教室

麹町教室
東京都千代田区二番町5−2
TEL: 03-6265-6694
地下鉄 有楽町線 麹町駅 徒歩0分
JR 市ヶ谷駅 徒歩5分
JR 四谷駅 徒歩10分
地下鉄 半蔵門線 半蔵門駅 徒歩10分
教室詳細はこちらをクリック

定員

各回8名

講師紹介


斎藤喜寛Yoshihiro Saito

1980年代後期より作曲の仕事を開始、同時期武蔵野音楽院にてバークリー音大音楽理論を学ぶ。大手レコード会社での音楽制作を経て2012年にビジネスブレークスルー大学経営学部ITソリューション学科に入学、本格的にプログラミングを学ぶ。2013年EXDREAM株式会社設立。2016年秋季同大学の卒業論文最優秀賞をcanplayのビジネスプランにて受賞。2017年音楽学校canplayを開校。


飯田一之Kazuyuki Iida

4歳よりエレクトーンを始める。多数の大会で優勝。2000年代に入り、DTM、作曲を始め音楽家としてのキャリアをスタート。ゼンリンデータコム〜リクルートを経て、現在は音楽プロデユーサーとして活躍中。teamLabの音楽制作やGangParadeのピアノ演奏に参加など。2018年のRock In Japanにキーボーディストとして出演。

 

雪元修二Shuji Yukimoto

ウェブアプリ制作エンジニアとして10年以上のキャリアを持つ。html css php Javascriptを取得。近年はAIの研究を重ね、pythonのエキスパートとして活躍中。好きな音楽はメタリカ。自称音響マニア。


参加申込フォーム

お名前 (必須) 

ふりがな (必須) 

メールアドレス (必須)

お電話番号 (必須)

年齢(必須)

住所 (必須)

特に興味のある科目(必須 複数選択可能)
AI(機械学習)音楽プログラミングコース音楽データサイエンスAI DTM & MuTech音楽ビジネス&マーケティングデジタル音楽理論python音楽プログラミング

canplayを何で知りましたか?
ウェブ検索FacebooktwitterinstagramPeatixSoundCloudYoutubetiktok友人からの紹介他のインターネットメディアの記事

ご要望やご質問