「AIバーチャルMUSICラボ」第二回講義を7/10(金)開催!


「AIバーチャルMUSICラボ」第2回が7/10(金)に開催!

AI音楽とVRゲーミングのMIXで創造する新たな拡張体験とは?


今回は、一ヶ月の振り返りとご提供いただいたMIDIファイルの視聴〜学習データの生成〜楽曲として完成までを行っていく、実践的な講座を予定しております。

そして、今回は特別ゲストを交えてのトークも予定。
数々のVRコンテンツを生み出すプロデューサー/クリエイターの待場勝利氏を迎え、VR技術とAI音楽がどうコラボできるのか、その可能性を探ります。



開催日・スケジュール

開催日:2020年7月10日(金)19時〜20時

開催場所:オンライン(zoom使用)

内容:
1. 講義提出されたMIDIファイルから新たな音楽を生成(30分)
  ・提出いただいたMIDIを視聴
  ・MIDIファイルを元に学習データの生成
  ・学習データから新しいフレーズを生成
  ・DAWに取り込み、どのような音楽が作られたのか視聴
2. 対談テーマ「VRにおけるAI音楽の可能性とは?」(30分)
  ・VR技術の可能性、コンテンツ作りでゾクゾクしたこと
  ・最近注目している作品の紹介
  ・VRの現状課題は?
  ・VRに必要な音とは?

※講義内容は当日の予定によって変わる可能性があります。予めご了承ください。


参加料金
無料



VRゲーミング映像にAI生成音楽を組み合わせたインタラクティブコンテンツのデモ

当日はこの制作の裏側や今後のコラボレーションの進化、目指すところを語ります。



Special コラボレーター


VRプロデューサー/クリエイター

待場勝利Katsutoshi Machiba

Supership株式会社VR戦略企画室所属。東京藝術大学非常勤講師。
アメリカで映画製作を学ぶ。TVディレクター、20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパンで日本語版プロデューサー、サムスン電子ジャパンではGear VRを担当。
2016年から数々のVRプロジェクトをプロデュースし、国内外のVR映画作品を世界中の人たちに紹介するため奔走。日本国内でVR映画を体験する場所としてオンラインポータル サービスやロケーションベースサービスのローンチにも携わる。

(2019) 第76回ベネチア映画祭に正式招待上映作品「Feather」をProducerとして制作
(2019) Google Creators LabにてVR企画が選出される。DirectorとしてGoogleの支援を受けてVRドキュメンタリー作品「DayOne」を制作
(2018) 上田慎一郎監督(カメラを止めるな!)、VR映画「Blue Thermal」をProducerとして制作。カンヌ映画祭に招待上映
(2017) VR映画「ウルトラマン ゼロVR」にProducerとして制作。ルミエールアワードジャパン準グランプリ獲得。またカンヌ映画祭、釜山映画祭など数々の映画祭で招待上映
(2017) ポニーキャニオン社とVR DEAD THEATERシリーズをローンチ。4本のVRホラー映画をProducerとして制作。国内外映画祭で招待上映
(その他)VR映画20作品以上に携わる。またVR関連のプロジェクトとして、音楽Liveやスポーツ(プロ野球: DeNAベイスターズ)などのVR映像を幅広くプロデュースし、国内映画 祭ショートショート映画祭、Skipシティ国際Dシネマ映画祭のVR部門のアドバイザーやシーグラフアジアの審査員を務める。

モデレーター


CANPLAY 音楽プロデューサー

飯田一之Kazuyuki Iida

エレクトロニカ系やアンビエント音楽に精通し、企業向けサラウンド音楽や立体音響、バイノーラル音楽に携わる。また、店舗向け環境音楽の提供も行い、年間約300曲を制作している。
最近の自分流行りは22.1chサラウンドでの音響制作。常に新しい音楽を探求し、テクノロジーと音楽の可能性を模索している。
また、canplayでは「AIバーチャルMUSIC」講師としてAI×音楽の可能性についてノウハウの共有・研究している。

実績
(2017)湯河原町 「頼朝の窟2017」
(2016)湯河原町 町村合併60周年記念事業「頼朝の窟」(A.Mochiと共作)




参加申し込みフォーム

お名前 (必須) 

ふりがな (必須) 

メールアドレス (必須)

お電話番号 (必須)

年齢(必須)

住所 (必須)

CANPLAY生徒様 or 一般区分(必須)

参加希望日(必須)

希望講義名(必須)

ご要望やご質問