DTM最新打ち込み手法研究学科


DTM最新打ち込み手法研究学科

コース期間:6ヶ月

講義配信日:月2回隔週 全12回
リアル教室開講日:第2・4水曜
(曜日が変更となる場合があります)
19:30~21:30 全12回
講義合計時間:36時間 (配信講義12時間+リアル教室24時間)

教室:麹町教室

学費月額:28,000円x6ヶ月(入学金、教材費込)
(12ヶ月の分割払いも可能、月15,000円の12回払い)
(価格表示は全て税抜)

支払い方法:銀行振込(一括払いのみ), クレジットカード(Paypal, Amazon Pay)

学べるジャンル:DTM

講義のゴール
最新のマニアックな打ち込みスキルを研究、体系的に身につけ楽曲制作能力を高める

最終課題
生徒自身が制作の最新楽曲

講義概要
日米英の最新曲からボカロ、未来のAI音楽制作まで、最前線のDTM音楽制作テクニックや音作りをマニアックに研究。
全12回を音楽制作の時系列と同様とし、自身で制作しながら進行。
終了時(6ヶ月後)には最新打ち込み手法をマニアックに駆使したオリジナルの楽曲を完成させる事ができます。

講義内容
(最新の音楽トレンドに応じ常にアップデートされます)
第1回 導入:日米英最新曲から探る現代の音楽の潮流と音楽を伝える事の本質とは?

現代の音楽の潮流をマニアックに読み解きながら、今、自身の音楽表現に必要な要素を洗い出し、自身が何のために音楽制作をするのか?の本質を探る
(DTMの基本的なセッティングと効率的な作業のための各種設定も第1回に行います)

第2回 ドラム:米英最新曲に学ぶリズムプログラミングの意外なキーポイント
何故ドラムこそが現代の音楽のキーであり続けているのか? 楽曲のカラーを決めているのは実はドラムの〇〇?

第3回 ベース:多様化する現代のベース打ち込みの攻略方法とは
現代の音楽においてはメインの楽器とさえなり得ているベース。フレージング自体はシンプルになっているにも関わらず無数のバリエーションを生み続けているがその理由は?

第4回 シンセアレンジ&プログラミング1:最新米英EDMでマスターするシンセアレンジ&音作り1
エレクトリックミュージックの主役はやはりシンセ。そのフレージングと音色作りプログラミングを最新EDMのトレンドからマスターする

第5回 シンセアレンジ&プログラミング2:最新米英EDMでマスターするシンセアレンジ&音作り2
さらに高度な音色作りプログラミングやオートメーションをも駆使した生きたシンセアレンジを実現する

第6回 生楽器アレンジ1:J-POPの最新楽曲のアレンジを研究し再現
打ち込みにおいて生楽器のパートを受け持つのはサンプラー。大容量化するハードディスクによってそのクオリティーは驚くほどのレベルになっているが、以前とは生楽器の演奏表現の打ち込み方法は変わってきている。その方法の数々とは?

第7回 生楽器アレンジ2:ユニークな機能を持つ最新プラグインサンプラーの超実践的活用例
最新のプラグインサンプラーは、単に演奏するだけでなく、演奏表現のための多彩な独自機能を持っている。それらの機能を徹底解説し高度な演奏表現を実践する。

第8回 オーディオレコーディング:最新米英チャートの傾向から学ぶコンパクトなレコーディングをDTMで実践する方法
最新EDMでの実例から小規模でも多彩な事を実現できるDTMでのオーデイオレコーディングの方法を学ぶ

第9回 オーディオ編集:J-POPに学ぶ現代オーディオ編集のハイライトはボーカル編集?
音痴もリズムのずれももはや問題ない?年々進化するオーディオ編集・とくにボーカル編集の機能と現代のトレンドを研究しとことん究める

第10回 ボカロ:誰もが知らなかった?リアルに歌わせるコツを視覚的に学ぶ
5で革新的な進化を果たしたボーカロイド。しかしリアルに歌わせるコツやテクニックの情報を体系的に得る事は難しい。実は学ぶヒントは身近な所にあった?、、、それは、、、

第11回:ミックス&マスタリング:AIから視覚的に学ぶ、プロは何を行っているのか?
プロはミックスとマスタリングで何を行っているのか?AIプラグインを活用しながら視覚的に解説する

第12回:未来の音楽を導く、AI音楽制作ソフト・プラグインの現在
これからのDTM最大のトピックとなるであろうAI音楽制作。日々アップデートされる自動作曲やマスタリングなど各種ソフト、プラグインを実際に使用しながら解説。未来にアドバンテージを得る

実際の制作プロセスの順番に応じバラエティーに富みながら時系列的に学んでいきます。
単なる直感に頼らない、各楽曲のデータ化と分析により、自身のスキルとしての再現性につながる超実践的コース。
6ヶ月のコース終了時には、リズムプログラミング〜アレンジ〜シンセプログラミング〜マスタリングまで、実際の各制作プロセスそれぞれに最先端かつマニアックなDTM手法が身についており、既存のレベルを超えるデジタル音楽制作を可能にします。

その他講義特徴
・講義は全て録画でも配信。いつでも見直して学習できるだけでなく、受講できなかった講義も後日視聴可能
・講義資料はcanplayが独自に作成したオリジナルをPDFで配布。総計200~300ページもの大ボリューム
・毎講義ごとに課題実施。アウトプット中心の実践的講義
・卒業制作課題で学習の成果を自身の最新作にして発表できる
・生徒同士で音楽学習のディスカッションができる受講生限定のコミュニティーページ提供
・AI自動作曲研究コミュニティーや音楽ハッカソンなどリアル開催の色々なイベントを予定

対象となる方
・デジタル音楽や最新音楽をとことんマニアックに研究したい方
・DTMで仕事をしているプロミュージシャンの最新知識会得とスキルアップ
・DTMで楽曲制作をした事がある中級レベルの以上の方でさらなるスキルアップを望む方
・マニアックなDTMファン
・DTM制作以外のプロミュージシャン、セミプロが今から仕事でDTMをしたい
・AIを活用したDTM音楽制作を学びたい方

入学前提条件
DTMソフトで自身の楽曲制作を行った経験がある方が望まれます。
講義レベルは基本的にプロミュージシャンレベルの知識・経験がある方向けです。
コード進行やスケールなど音楽理論についての内容が含まれます。
初心者でも受講と理解は可能ですが、ある程度以上の知識がある事でより深い理解に繋がる講義です。

必要機材
ご自身で使用されているDTMソフトがインストールされているノートPCをご持参ください。(各自個別に音を出す必要があるためヘッドフォンもご用意いただく必要があります。コンパクトなMIDIキーボード、オーディオインターフェースもご持参可能です。)
講義では基本Logic Pro使用ですがCubase, Studio One, Pro Tools,などあらゆるDTMソフトでの対応可能です。(一部非搭載機能は除く)
Mac, Windowsは問いませんが講義ではMac使用です。
あくまで制作手法の理解のための講義となりますので、どのDTMソフトでも応用できます。

講義での使用機材
・Apple Logic Pro
・Steinberg Cubase
・Presonus Studio One
・Avid Pro Tools
・NI Komplete Ultimate
・Spectrasonic Ominisphere
・Arturia V-collection
・Izotope Ozone & Neutron
・Yamaha Vocaloid 5
etc…


教室画像

教室画像

講師紹介


斎藤喜寛Yoshihiro Saito

1980年代後期より作曲の仕事を開始、同時期武蔵野音楽院にてバークリー音大音楽理論を学ぶ。大手レコード会社での音楽制作を経て2012年にビジネスブレークスルー大学経営学部ITソリューション学科に入学、本格的にプログラミングを学ぶ。2013年EXDREAM株式会社設立。2016年秋季同大学の卒業論文最優秀賞をcanplayのビジネスプランにて受賞。2017年音楽学校canplayを開校。


飯田一之Kazuyuki Iida

4歳よりエレクトーンを始める。多数の大会で優勝。2000年代に入り、DTM、作曲を始め音楽家としてのキャリアをスタート。ゼンリンデータコム〜リクルートを経て、現在は音楽プロデユーサーとして活躍中。teamLabの音楽制作やGangParadeのピアノ演奏に参加など。2018年のRock In Japanにキーボーディストとして出演。


入学申込フォーム

お名前 (必須) 

ふりがな (必須) 

メールアドレス (必須)

お電話番号 (必須)

年齢(必須)

お住いの都道府県 (必須)

都道府県以降の住所 (必須)

学習希望のコース(複数選択可能) (必須)