Javascriptシンセサイザー制作学科


Javascriptシンセサイザー制作学科

コース期間:6ヶ月


講義配信日:月2回隔週 全12回
リアル教室開講日:第1・3月曜 (曜日が変更となる場合があります)
19:30~21:30 全12回
講義合計時間:36時間 (配信講義12時間+リアル教室24時間)

教室:麹町教室

学費月額:28,000円x6ヶ月
(入学金、教材費込)

(12ヶ月の分割払いも可能、月15,000円の12回払い)
(価格表示は全て税抜)

支払い方法:銀行振込(一括払いのみ), クレジットカード(Paypal, Amazon Pay)

学べるジャンル:Javascript

講義のゴール
Javascriptを基礎から学びWeb Audio API, Web MIDI APIを使用したMIDIシンセサイザーを自作できるスキルを身につける

最終課題
Javascriptで作成する自作MIDIシンセサイザー

講義内容
(講義の進展度合いに応じ常に変更・調整があります)

第1回 Javascript基礎1:Javascriptとは?変数と宣言
Javascriptの概要と基本的なコードについて学ぶ。

第2回  Javascript基礎2:オブジェクト
オブジェクトなどJavascriptの基礎を学ぶ。

第3回  Javascript基礎3:条件分岐と演算子
条件分岐と演算子などJavascriptの基礎を学ぶ。

第4回  Javascript基礎4:ループと配列
条件分岐と演算子などJavascriptの基礎を学ぶ。

第5回  Javascript基礎5:クラスとJson
クラスとJsonなどJavascriptの基礎を学ぶ。

第6回  Javascript基礎6:関数
関数などJavascriptの基礎を学ぶ。

第7回  Web Audio API 第1回:Audio Node、Delay Nodeなど
Audio NodeやGain Nodeなど出音に関する項目の解説。

第8回  Web Audio API 第2回:Oschilator Node、Wave Nodeなど
Oschilator NodeやWave Shape Nodeなどシンセ音源部に関する解説。

第9回 Web Audio API 第3回:オーディオ周りの処理及びパフォーマンスの向上のためのプログラミング解説
音の流れを構築したりレイテンシー軽減などパフォーマンス向上させるための処理などを解説。

第10回 Web MIDI API 第1回:WebブラウザでMIDIインプットを有効にする
MIDI accessやMIDI Portの処理などウェブ上でMIDIの入力を有効にする方法を解説

第11回  Web MIDI API 第2回:各種MIDIイベントの処理
MIDIのIn , Outの有効化や各種MIDIイベントの処理について解説

第12回 ウェブMIDIシンセサイザーコード解説
実際にWeb Audio APIとWeb MIDI APIを使用したウェブMIDIシンセサイザーのコードを解説。自身の最終課題として制作を目指す。

その他講義特徴
・講義は全て録画でも配信。いつでも見直して学習できるだけでなく、受講できなかった講義も後日視聴可能
・講義資料はcanplayが独自に作成したオリジナルをPDFで配布。総計200~300ページもの大ボリューム
・毎講義ごとに課題実施。アウトプット中心の実践的講義
・卒業制作課題で学習の成果を自身の最新作にして発表できる
・生徒同士で音楽学習のディスカッションができる受講生限定のコミュニティーページ提供
・AI自動作曲研究コミュニティーや音楽ハッカソンなどリアル開催の色々なイベントを予定

対象となる方
・自分だけのシンセ作成を実現したい方
・音楽ウェブサービスを実現してみたい方
・Javascriptを大好きな音楽で学びたい方
・ソフトシンセの構造や基本を理解したい方

入学前提条件
html,cssなどのウェブの基本知識がある事が望まれます。
Javascriptは未経験でもゼロから学習可能です。
講義は解説が中心となります。
作業についてはご自身で自宅で行っていただく事となりますので講義外で作業時間の確保が必要です。(目処として週2〜3時間)

必要機材
ご使用のノートPCをご持参ください。
Mac, Windowsは問いませんが講義ではMac使用です。

教室画像

教室画像

講師紹介


斎藤喜寛Yoshihiro Saito

1980年代後期より作曲の仕事を開始、同時期武蔵野音楽院にてバークリー音大音楽理論を学ぶ。大手レコード会社での音楽制作を経て2012年にビジネスブレークスルー大学経営学部ITソリューション学科に入学、本格的にプログラミングを学ぶ。2013年EXDREAM株式会社設立。2016年秋季同大学の卒業論文最優秀賞をcanplayのビジネスプランにて受賞。2017年音楽学校canplayを開校。


永迫太郎Taro Nagasako

日本にデジタルミュージックを普及させる重要な役割を担った日本初のテクノミュージック雑誌LOUDの創設者で初代編集長。LOUD売却以降は雑誌、ウェブメディア運営、若年者の芸術教育事業や、映像メディア事業などを手がける。社会科教員免許保有。格闘技に造詣が深く格闘雑誌Gongなどに記事寄稿。


雪元修二Shuji Yukimoto

ウェブアプリ制作エンジニアとして10年以上のキャリアを持つ。html css php Javascriptを取得。近年はAIの研究を重ね、pythonのエキスパートとして活躍中。好きな音楽はメタリカ。自称音響マニア。


入学申込フォーム

お名前 (必須) 

ふりがな (必須) 

メールアドレス (必須)

お電話番号 (必須)

年齢(必須)

お住いの都道府県 (必須)

都道府県以降の住所 (必須)

入学希望のコース(必須)
AI自動作曲プログラミングコース音楽トレンドデータサイエンスコースMu-techデジタル音楽制作研究コースAI DTMコースデジタル音楽理論コースPython音楽プログラミング

ビデオチャットサポートの有無(必須)
オンライン受講(ビデオチャットサポート付)オンライン受講(動画受講のみ)

ご希望のお支払い方法(必須)
銀行振込(一括払いのみ)分割(カード会社による審査あり。ご自身のカードでの分割払い)

canplayを何で知りましたか?
ウェブ検索FacebooktwitterinstagramPeatixSoundCloudtiktok友人からの紹介他のインターネットメディアの記事