LIVE CODING ライブコーディング

LIVE CODING ライブコーディング

プログラミングで演奏する新しい音楽表現である音楽のライブコーディングを基礎から解説
CANPLAYならではのより音楽的な演奏を実現するコーディングノウハウを伝授



MUSIC CREATIVE CODING


講義概要
プログラミングで演奏する新しい音楽表現であるライブコーディング。
基本のSonic PiからPythonのライブコーディングまでを解説。

実現できる事
・Sonic Piの基本演奏方法
・Pythonでライブコーディング
・ライブコーディング関連の基礎知識



講義内容

(最新のトレンドおよび進展具合に応じ常にアップデートされます)

・Sonic Piの基礎から応用の音楽表現まで

2・Pythonのライブコーディング環境構築と演奏基礎

全6回(予定)の講義各回の概要
(アップデートに伴い内容変更の場合があります)
1講義約60分 合計約360分

第1回:ライブコーディングの歴史と現在

第2回:Sonic Piの基礎

第3回:Sonic Piの演奏1

第4回:Pythonライブコーディング

第5回:Sonic Pi エフェクトとシンセ

第6回:Sonic Pi 演奏応用テクニック

※第4回内容はPython音楽プログラミングの一部講義と重複します。またPythonの基礎知識(ライブラリインポート、コードの記述方法を知っている)が必要です。



その他講義特徴

・講義資料はcanplayが独自に作成したオリジナルをPDFで毎回配布
・ライブコーディング用のコードファイルのシェア

前提知識
全くの初心者でも受講可能です。
ただしPythonのライブコーディングに関してはビギナーレベルで良いですがPythonを使用した事がありライブラリのインポート、基本的なコードの記述などができるレベルが求められます。

必要機材
PCのみで大丈夫です。


講師紹介


斎藤喜寛Yoshihiro Saito

1980年代後期より作曲の仕事を開始、同時期武蔵野音楽院にてバークリー音大音楽理論を学ぶ。大手レコード会社での音楽制作を経て2012年にビジネスブレークスルー大学経営学部ITソリューション学科に入学、本格的にプログラミングを学ぶ。2013年EXDREAM株式会社設立。2016年秋季同大学の卒業論文最優秀賞をcanplayのビジネスプランにて受賞。2017年音楽学校canplayを開校。
2019年10月KIOXIA(旧東芝メモリー)のCM曲作曲、放映中。
2020年オーム社より音楽TECH本の出版。



入学申し込み

お名前 (必須) 

ふりがな (必須) 

メールアドレス (必須)

お電話番号 (必須)

年齢(必須)

住所 (必須)

お勤め先・学校 (必須)

ご希望のコース(必須)

マンツーマンメールサポートの有無(必須)

お支払い方法(必須)

一括・分割(必須)
(分割はクレジットカードのみ)

分割回数(分割支払いを選択の方のみ回答お願いします)

理系学生奨学金 (25歳以下の理系専業学生の方授業料50,000円オフ 要学生証提出 サポート付きプラン対象外)

canplayを何で知りましたか?