モジュラーシンセサイザー

モジュラーシンセサイザー

モジュラーシンセパッチングの基礎をPCソフトウェア版で安価に学習する



講義概要
マニアックな電子楽器を取り上げる電子楽器講義シリーズの第2弾はモジュラーシンセサイザー。
始めるにも高価なモジュラーシンセをまずは安価なソフトウェア版で学習。
この講義でしっかり基礎を覚えていただいた後にハードウェアに移行していただけるリスクのないコース内容です。

今後もCANPLAYでなければできない、続々と提供されるレアでマニアックな電子楽器講義にご期待ください。

実現できる事
・初期投資少なくモジュラーシンセサイザーの基礎を学べる


講義概要
1・モジュラーシンセサイザーの基礎
2・パッチングの基礎
3・演奏のコツや実践方法
4・各ハードウェアなどの解説

全6回(予定)の講義各回の概要
(アップデートに伴い内容変更の場合があります)
1講義約60分 合計約360分

第1回:モジュラーシンセサイザー基礎

第2回:パッチング基礎

第3回:パッチング応用1

第4回:パッチング応用2

第5回:実践演奏

第6回:ハードウェアの解説


 
その他の講義特徴

・講義資料はcanplayが独自に作成したオリジナルをPDFで毎回配布

必要機材
PCをご用意ください。
学習は無料のフリーソフトと1万円以内のVSTプラグイン(Softube Modular)を使用します。
未所持の方はご購入ください。

メールサポート(要サポートプラン申し込み)
講義内容についてメールで質問可能でサポートを受けていただけます。

受講プラン
3コースプラン(お好きな3つの講義を選択可能)、単受講プラン(お好きな1つの講義を選択可能)からご希望のプランで入学可能です。
入学申し込みの際こちらの講義を選択してください。
3コースプランと単受講プランの生徒様は入学時にこの講義を選択しお申し込みください。
(Proプランの方はこの講義は配信講義に含まれません。別途お申し込みが必要です。)

配信タイミング
3コースプランと単受講プランは選択した全講義が初回に一斉配信されます。

 


講師紹介


斎藤喜寛Yoshihiro Saito

12歳からギターを始め、16歳でギタリストとして音楽業界に。
1980年代後期より作曲の仕事を開始、同時期武蔵野音楽院にてバークリー音大音楽理論を学ぶ。大手レコード会社での音楽制作を経て2012年にビジネスブレークスルー大学経営学部ITソリューション学科に入学、本格的にプログラミングを学ぶ。2013年EXDREAM株式会社設立。2016年秋季同大学の卒業論文最優秀賞をcanplayのビジネスプランにて受賞。2017年音楽学校canplayを開校。
2019年10月KIOXIA(旧東芝メモリー)のCM曲作曲、放映中。
2020年6月オーム社より音楽TECH本の出版。



入学申し込み

お名前 (必須) 

ふりがな (必須) 

メールアドレス (必須)

お電話番号 (必須)

年齢(必須)

住所 (必須)

ご希望のプラン(必須)

受講希望講義(プランの講義数に合わせてください)(必須)

サポートコースの選択(単講義プランはサポート選択不可です)(必須)

お支払い方法(必須)

お支払い回数(必須)

canplayを何で知りましたか?