MUSIC TECHビジネス&マーケティング

MUSIC TECHビジネス&マーケティング


MUSIC TECH BUSINESS

 




講義概要
AI ,VR, ブロックチェーンなど最新TECHを活用したデジタル時代の音楽ビジネスについて、音楽配信、サービス・アプリの立ち上げ方法からマーケティングの基本までを解説

※MUSIC TECHビジネス&マーケティングはリアル開催された講義の録画です。未編集のため雑音や画像の乱れ、参加生徒とのやりとりが収録されている場合があります。



実現できる事
・音楽配信の現状および配信方法と対象リスナーの理解
・音楽TECHサービス・アプリの立ち上げ基本をビジネス観点から理解
・音楽家、音楽サービス・アプリ開発運営者に必要なマーケティング知識








講義内容
(最新のトレンドおよび進展具合に応じ変更、アップデートがあります)

1・人が音楽を聞き楽しむメカニズムの解説
人がなぜ音楽を聞き、どの様な記憶状態の変遷をもって音楽を好み、楽しむのか?そのメカニズムの解説

2・音楽配信のトレンドと配信方法
グローバルトレンドを読み解き、世界のストリーミングサービスの現在地を理解するとともに適切な配信方法を学ぶ

3・音楽TECHサービス・アプリのためのマーケティング
実例とマーケティングフレームワークを使用して具体的な解説を行うとともに、アプリリリースの方法を知る





全4回(予定)の講義各回の概要
(アップデートに伴い内容変更の場合があります)
1講義約30〜60分 合計約240分

第1回:音楽嗜好のメカニズム:人が音楽をなぜ聞くのか?どういった変遷で嗜好が変化するのか?

第2回:音楽配信と音楽ビジネスマーケティング:ファンに届けるための具体的施策および音楽ビジネスのためのマーケティング

第3回:音楽配信のグローバルトレンドと対策

第4回:音楽TECHビジネスの事例と傾向






必要前提知識
特になし。
初心者でも受講可能です。





必要機材
PC(Mac Windowsは問いませんが講義ではMac使用です)
MacはCatarinaまで。Big Surには2021年1月現在未検証ですがご使用のソフトによっては動作可能な場合があります。(サポート対象外)
Windowsは10で検証済みです。
性能は近年発売のものであれば特に動作に問題はございません。





講師

斎藤喜寛 Yoshihiro Saito

12歳でギターを始める
16歳でギタリストとしてプロの世界に〜武蔵野音楽院でジャズと音楽理論〜J-pop〜電子環境音楽〜アルゴリズム作曲〜AI作曲。
1980年代後期より作曲の仕事を開始、大手レコード会社(avex traxなど)での音楽制作を経て2013年EXDREAM株式会社設立。2016年ビジネスブレークスルー大学の卒業論文最優秀賞を受賞。2017年日本初の音楽AIアカデミーCANPLAYをローンチ。
2019年パナソニックAIソリューションセンターの環境実験音楽の制作。
2019年10月KIOXIA(旧東芝メモリー)のCM曲のAI作曲とプログラミングを担当。
2020年3月大前研一氏創設のアタッカーズビジネススクールにてAIクリエイティブ実践講座を担当
オーム社より音楽TECH本の出版(2021年春予定)。






入学申込

    お名前 または法人担当者名(必須) 

    ふりがな (必須) 

    メールアドレス (必須)

    お電話番号 (必須)

    年齢(必須)

    住所 (必須)

    お勤め先・学校・法人名 (必須)

    ご希望の学科(必須)

    初級特典講義の有無(必須)

    canplayを何で知りましたか?