Python音楽プログラミング

Python音楽プログラミング

ゼロからPythonの基礎を学び、音楽ライブラリーやモジュールを活用。音楽解析やシンセサイザー作成などの音楽プログラミングを実践しPythonを駆使する能力を身につける



講義概要
ゼロからPythonの基礎を学び、音楽ライブラリーやモジュールを活用。オーディオ再生・レコーディングや音楽解析などの音楽プログラムを使用しPythonを駆使する能力を身につける

 

実現できる事
・ゼロからPythonの基礎を身につける
・色々なPython音楽モジュールのインポート方法や使用方法を学べる
・Pythonで音楽関連プログラムを活用する基礎を身につける

 



講義内容

(講義の進展度合いに応じ常に変更・調整があります)

・Pythonプログラミング基礎
ゼロから基礎を学び自分でプログラミングできる基礎を身につける

・音楽関連のモジュールの基礎
Pythonで使用できる多彩な音楽関連モジュールの基礎を知る

・音楽関連プログラムの解説と実践
音楽関連ライブラリーやモジュールを使用して音楽プログラムを解説、および実践する方法を学ぶ


全12回の講義各回の概要
1講義約60分 合計約720分

第1回:Pythonプログラミング環境の構築

第2回:Python構文の基礎 リスト、タプル、辞書の解説

第3回:組み込みモジュール解説 標準オーディオ関連ライブラリーの解説

第4回:ループ、関数解説 Pythonでオーディオを扱うPyAudioの解説

第5回:オブジェクト、スコープについて PyAudio応用編

第6回:クラス解説  Pythonで音楽(MIDIファイル)を作る

第7回:クラス応用編 特殊メソッド、Pythonmp3を取り扱う方法

第8回:機械学習用ライブラリー解説   オーディオ波形解析

第9回:機械学習用ライブラリー2 Open CV解説  Pythonでシンセを作成1

第10回:Tensorflow解説  Pythonでシンセを作成2

第11回:Pythonでシンセを作成3

第12回:プログラミングで演奏する!Pythonでライブコーディング

 



その他講義特徴
・講義資料はcanplayが独自に作成したオリジナルを毎回PDFで配布。

 

必要機材
ご自身のPCをご用意ください。
(Chromeインストール済みの必要がございます)Mac, Windows, Ubuntuは問いませんが講義ではMac使用です。

 

受講プラン
各Proプラン6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月で受講可能

 

 

講師紹介


斎藤喜寛Yoshihiro Saito

1980年代後期より作曲の仕事を開始、同時期武蔵野音楽院にてバークリー音大音楽理論を学ぶ。大手レコード会社での音楽制作を経て2012年にビジネスブレークスルー大学経営学部ITソリューション学科に入学、本格的にプログラミングを学ぶ。2013年EXDREAM株式会社設立。2016年秋季同大学の卒業論文最優秀賞をcanplayのビジネスプランにて受賞。2017年音楽学校canplayを開校。
2019年10月KIOXIA(旧東芝メモリー)のCM曲作曲、放映中。
2020年6月オーム社より音楽TECH本の出版。


 

T・K講師

国立大学大学院の数理学博士課程修了。
PMP (PIMBOK5版)、日本ディープラーニング協会認定資格 G検定 ジェネラリスト資格取得。
現在某大手通信キャリア企業にてAI製品(ディープラーニング・機械学習関連製品)開発を担当。
講師としての経験も豊富で、すでに多くの受講者をE検定合格へと導いています。
AI自動作曲や音楽データサイエンスを学びながら、G検定やE検定受講も目指す生徒様にも、最高の講義を提供していただけるはずです。


 

L・I 講師

京都大学卒業。
現在某グローバルIT企業にて機械学習を中心としたデータサイエンスの業務に従事。
ビジネス英語を得意とし通訳もこなす。
若手でありながらチームマネージメントで培った経験を講義でも発揮しています。



入学申し込み

お名前 (必須) 

ふりがな (必須) 

メールアドレス (必須)

お電話番号 (必須)

年齢(必須)

住所 (必須)

ご希望のプラン(必須)

特に受講を希望する講義(必須)

サポートコースの選択(必須)

学割 (高校生、大学生、大学院生、要学生証提出)

お支払い方法(必須)

お支払い回数(必須)

canplayを何で知りましたか?