デジタル音楽理論コース


デジタル音楽理論コース

講義:全12回

オンライン受講(マンツーマンビデオチャットサポート付き)
講義動画配信 月2回 (1講義60〜90分。24時間いつでも受講できます)
加えて30分x月2回のマンツーマンビデオチャットサポート(質問受付やディスカッションが可能)

オンライン受講(動画講義視聴のみ)
講義動画配信 月2回 (1講義60〜90分。24時間いつでも受講できます)

開催期間
6ヶ月間

募集定員
オンライン マンツーマンサポート付:12名
オンライン 動画視聴のみ:24名

受講料

オンライン
(マンツーマンビデオチャットサポート付)
120,000円 (月あたり20,000円)
オンライン(動画講義講義視聴のみ) 60,000円 (月あたり10,000円)

別途消費税がかかります。分割払可能(クレジット会社による審査があります)

 

講義概要
ダンスミュージックや歌モノなどのデジタル音楽専門、全く新しい革新の音楽理論をAIで生成した楽曲や解析プログラムを活用し解説

とことんデジタル音楽に向けた世界初の講義内容
(下記は例です。最新の状況に応じ常にアップデートされます)

1・デジタル音楽理論の基礎
和声(コード)やスケールなどの音楽の基礎をバークリーメソッドを基本としつつデジタルミュージックで活用できる様、MIDIベースの数値活用など現代的解釈で学ぶ

2・最新のデジタルポップミュージック理論や構成、アレンジ、ダンスミュージックについての独自の音楽理論まで
ポップ・ミュージックでのプロレベルに対応できる構成楽器アレンジテクニック、転調や複雑なコード進行理論、さらには世界でも類を見ないダンスミュージックの音楽理論をもマニアックに解説

3・AIによる生成楽曲分析や解析
AIによって生成した音楽(自動生成の詩まで)を取り上げ音楽理論で分析。また高度な音楽解析プログラムを使用しての楽曲解析などテクノロジーを駆使した音楽の理解

4・歌モノのための詩とメロディーの関係の研究
歌モノにおいては詩とメロディーの関連性こそがもっとも重要ですが、それを研究する講義や、そもそもメロディの真髄を解説する講義もほとんどありません。本講義では人の心を動かす音楽の研究のために詩とメロディーについてもマニアックに解説いたします。

その他講義特徴
・受講できなかった講義も後日受講可能、またはオンラインでいつでも受講可能
・講義資料はcanplayが独自に作成したオリジナルをPDFで配布。合計1000ページ以上

入学前提条件
なし
ただし音楽経験がない方は難易度、ボリュームから鑑みて自主的な勉強時間が必要です。(週3〜4時間以上)
プロレベルの知識を持つ方の再学習、またはすでにプロの方の基礎再確認やレベルアップにも活用していただけます。

必要機材
ご自身で使用されているDAWソフトがインストールされているノートPCをご用意ください。
MIDIキーボード(コンパクトな物でも良いです)の用意もできれば尚良いです。
講義内で演奏確認していただけます。
Mac, Windowsは問いませんが講義ではMac使用です。
あくまで理論の理解のための講義となりますので、どのDAWソフトでも応用できます。

研究会・交流会が開催されるcanplay麹町教室

教室画像

教室画像

講師紹介


斎藤喜寛Yoshihiro Saito

1980年代後期より作曲の仕事を開始、同時期武蔵野音楽院にてバークリー音大音楽理論を学ぶ。大手レコード会社での音楽制作を経て2012年にビジネスブレークスルー大学経営学部ITソリューション学科に入学、本格的にプログラミングを学ぶ。2013年EXDREAM株式会社設立。2016年秋季同大学の卒業論文最優秀賞をcanplayのビジネスプランにて受賞。2017年音楽学校canplayを開校。


飯田一之Kazuyuki Iida

4歳よりエレクトーンを始める。多数の大会で優勝。2000年代に入り、DTM、作曲を始め音楽家としてのキャリアをスタート。ゼンリンデータコム〜リクルートを経て、現在は音楽プロデユーサーとして活躍中。teamLabの音楽制作やGangParadeのピアノ演奏に参加など。2018年のRock In Japanにキーボーディストとして出演。


入学申込フォーム

お名前 (必須) 

ふりがな (必須) 

メールアドレス (必須)

お電話番号 (必須)

年齢(必須)

お住いの都道府県 (必須)

都道府県以降の住所 (必須)

入学希望のコース(必須)
AI自動作曲プログラミングコース音楽トレンドデータサイエンスコースMu-techデジタル音楽制作研究コースAI DTMコースデジタル音楽理論コースPython音楽プログラミング

ビデオチャットサポートの有無(必須)
オンライン受講(ビデオチャットサポート付)オンライン受講(動画受講のみ)Mu-techコースまたはAI DTMコースの方

ご希望のお支払い方法(必須)
銀行振込(一括払いのみ)分割(カード会社による審査あり。またはご自身のカードでの分割払い)

canplayを何で知りましたか?
ウェブ検索FacebooktwitterinstagramPeatixSoundCloudtiktok友人からの紹介他のインターネットメディアの記事