デジタル音楽理論

デジタル音楽理論

デジタル時代に向け論理的に体系化。ポップミュージックに加えてモードなどのジャズ理論から現代音楽の解説を加え高度な電子音楽を実現する



講義概要
デジタル時代に向け論理的に体系化。ポップミュージックに加えてモードなどのジャズ理論から現代音楽の解説を加え高度な電子音楽を実現する

 

実現できる事
・歌物〜ジャズ、現代音楽までの高度な音楽理論を基礎から学べます
・数値化、視覚化でデジタル音楽制作に実践的に応用できます
・AI音楽生成曲を含む、楽曲分析ができる様になる
・詩やアレンジ、構成まで含め、音楽が人の心を打つメカニズムを知る

 



講義内容

(最新の状況に応じ常にアップデートされます)

1・音楽理論の基礎
コードやスケールなどの音楽の基礎をデジタル音楽用に数値化し身につける

2・最新のデジタル音楽理論や構成、アレンジ、ダンスミュージックについての独自の音楽理論まで
プロレベルに対応できる構成や楽器アレンジテクニック、転調や複雑なコード進行の理論、さらには世界でも類を見ないダンスミュージックの音楽理論をもマニアックに解説

3・歌モノのための詩とメロディーの関係の研究
歌モノにおいては詩とメロディーの関連性こそがもっとも重要ですが、それを研究する講義や、そもそもメロディの真髄を解説する講義もほとんどありません。本講義では人の心を動かす音楽の研究のために詩とメロディーについてもマニアックに解説いたします。

4・ジャズ理論や現代音楽までを高度に網羅
モードや複雑なコードの理論、電子音楽における現代音楽の解説までを網羅し高度な知識取得を実現します。

 

全10回(予定)の講義各回の概要
(アップデートに伴い内容変更の場合があります)
1講義約60分 合計約600分

 

第1回:コードとは 3和音のダイアトニックコードでその基本を知る

第2回:コードとは 4和音とテンションコードでその基本を知る2

第3回:スケールの基本

第4回:スケール応用&モードで高度な理論の入り口へ

第5回:コードとスケールの応用とドミナント進行

第6回:高度なコード進行の世界を知る:部分転調

第7回:メロディーとは?メロディーの力学

第8回:メロディーとは?コードとメロディー応用編

第9回:歌:詩とメロディーの重要な関係 コード応用:アッパーストラクチャートライアド

第10回:音楽の構成と転調

 

 



 その他講義特徴
・講義資料はcanplayが独自に作成したオリジナルを毎回PDFで配布。

 

前提知識
ゼロから解説します。
まったくの初心者でも受講可能ですが、解説内容の密度は濃く量も多いためそれなりの自己学習が必要と思われます。
プロレベルの方の再学習まで対応可能なはずです。

 

必要機材
ご自身で使用されているDAWソフトがインストールされているPC

 

受講プラン
Proプラン(6ヶ月で全講義受講可能)、AI MUSIC プロデューサープラン(3ヶ月)、は標準で講義に含まれます。
その他3講義受講プランと単講義受講プランの場合は入学申し込みの際にご選択ください。

 

講師紹介


斎藤喜寛Yoshihiro Saito

1980年代後期より作曲の仕事を開始、同時期武蔵野音楽院にてバークリー音大音楽理論を学ぶ。大手レコード会社での音楽制作を経て2012年にビジネスブレークスルー大学経営学部ITソリューション学科に入学、本格的にプログラミングを学ぶ。2013年EXDREAM株式会社設立。2016年秋季同大学の卒業論文最優秀賞をcanplayのビジネスプランにて受賞。2017年音楽学校canplayを開校。
2019年10月KIOXIA(旧東芝メモリー)のCM曲作曲、放映中。
2020年6月オーム社より音楽TECH本の出版。



入学申し込み

お名前 (必須) 

ふりがな (必須) 

メールアドレス (必須)

お電話番号 (必須)

年齢(必須)

住所 (必須)

ご希望のプラン(必須)

受講希望講義(プランの講義数に合わせてください)(必須)

サポートコースの選択(単講義プランはサポート選択不可です)(必須)

お支払い方法(必須)

お支払い回数(必須)

canplayを何で知りましたか?