新型コロナウィルス治療のための解析に自宅のコンピュータで参加・貢献できる 分散コンピューティング 「Folding@home」への参加方法


新型コロナウイルス(COVID-19)の治療法を発見するため、世界中で様々な取り組みが行われています。
「Folding@home」は、ご自身のPCの余剰CPU、GPUパワーを使って、自宅から参加・貢献できる分散コンピューティングプロジェクトです。

分散コンピューティングとは、離れた場所にある別々のPCをネットワークで繋ぎ、全体として一つの計算処理を行う手法です。
簡単にいうと世界中の別々の場所にあるPCを繋いで、同時処理(並列計算)を行う巨大で超高性能なPCをみんなで作ろうという手法です。
並列計算は演算装置を増やす事でどんどん高速化させる事ができますので、参加するPCの数が多くなる程性能が上がります。
世界中の有志がCOVID-19の解析に貢献しようと参加し、現在までにFolding@homeの演算能力は2.4EFLOPSに達しました。
これは既存のスーパーコンピュータ上位500台を合わせた演算能力を超え、世界最大級の性能を発揮するに至ったそうです。

本稿では、このFolding@homeのCOVID-19解析プロジェクトに自宅から余剰PCで参加する方法の解説を行います。

参加は簡単で、専用アプリをダウンロードし起動、各種設定をご都合に合わせて行うだけです。
どんなタイミングで、どのくらい参加させるのかの選択もでき、ご自身の環境に合わせ貢献する事ができます。



1・Folding@homeサイトにアクセス

まずはFolding@homeのウェブサイトにアクセスしてください。

https://foldingathome.org/

少し下がっていただくとSTART FOLDINGというボタンがあるのでそこをクリックしてください。




2・専用アプリのダウンロード

ダウンロードページに進みます。
自動でご使用のPCのOSが表示されるはずです。
今回は筆者の環境に合わせMACになっていますが、Windows、UbuntuなどのLinux系ももちろん対応しています。

もしOSが異なっている場合は、Alternative Downloadsをクリックしていただきご自身のご使用OSを選択の上ダウンロードしてください。

容量も30MBほどとそれほど大きくないのですぐにダウンロードも完了するはずです。




3・アプリのインストール

インストールを行います。
難しい設定や特別な指定は通常必要ありません。
インストラクションのまま進めていただいて大丈夫です。





4・アプリの起動

プログラムを実行すると(Macではインストール後自動で起動しました)ブラウザにウェブ経由でスタート画面が現れます。

個人名を登録する事や、チームでの参加も可能ですが、匿名で参加する事もできます。
その場合はFold as Anonymousを選択してください。
Start Foldingで参加できます。





5・各種操作方法

匿名、実名の切り替えやチームでの参加は左上から行えます。





参加するサポートの選択です。
COVID-19があります。




稼働状況が表示されます。
稼働中はRunning
停止中はPaused
です。
メーターで進捗の確認もできます。




提供PCパワーの指定が行えます。
ご自身が何かの作業をしている場合はLight、全てのパワーを提供できる場合はFullなどを選択できます。





稼働させるタイミングを指定できます。
ご自身がPCを操作している時にバックグラウンドで実行させる場合は
When I’m workingを、アイドル中に稼働させる場合はOnly when idleを指定します。




スタートと、ストップはこちらです。




FAHControlアプリではさらに詳細な各種設定が行えます。


まとめて流れを動画にしましたのでこちらもご確認ください。


この解説通り行っていただければ方法も非常に簡単で、自分の都合で参加していただけますのでご自身にもPCにも負荷は少ないです。
是非テック領域からも貢献していければと願っております。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。