人工遺伝子を組み合わせて、 自分だけのアイドルを作ろう | A.I.dols Code baseがベータ版を公開

以前AI  EXPOの記事で紹介した実在しないアイドル画像をAIで作成できるサービス
GENE A.I Dols

A.I.Dols Codebaseとしてベータ版がリリースされました。

https://aidols-codebase.gene-aidols.io/en

使用方法はこちらです。


β版A.I.dols Codebaseのプレイ方法

https://medium.com/gene-aidols/β版a-i-dols-codebaseのプレイ方法-97180860db85

1. MetaMaskのインストール

A.I.dols CodebaseはEthereumネットワーク上でプレイできます。WEBブラウザにアドオン可能なウォレットMetaMaskを使って、ネットワークにトランザクションを送ることができます。以下のサイトからインストールして下さい。

2. テストETHの入手

β版A.I.dols Codebaseは、メインネットではなくRopstenネットワーク(テストネット)で動作しています。メインネット用のETHは通常、取引所などで入手しますが、Ropsten用のETH(テスト専用で金銭的価値は無い)はfaucetと呼ばれる配布者から貰うことができます。以下のサイトでテストETHをリクエストして下さい。

https://faucet.ropsten.be/

3. A.I.dols Codebaseにサインイン

あとは以下のサイトからサインインすれば、自分だけのオリジナルアイドルを生成できます!

https://aidols-codebase.gene-aidols.io/


なおベータ版では著作権は全てGene A.I.Dolsに帰属するため、商用利用などは不可の模様です。

正規リリースの際は有料サービスとして提供されるのかもしれません。

生成画像を見るとGAN?とも思いますが、遺伝子や第何世代、という表示を見ると遺伝的アルゴリズムを活用しているのかと想像してみたり、、、、

今後、ボディーパーツや声などの生成サービス予定もあると聞いています。

まずはお試しで生成実験いかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。