ついにTraktorでもSoundCloudの楽曲の使用が可能に! Sound CloudがNative Instruments Traktor DJ 2との統合を発表 ただし日本はまだ未対応

Sound CloudがNative Instruments Traktor DJ 2との統合を発表しました。
SoundCloud Go+です。
しかし、、、残念ながら日本はまだ未対応です、、、

先んじて概要です。
今後世界中の2000万人のクリエーターがアップした2億曲のSoundCloudの楽曲を、ダイレクトに呼び出しTraktorの音源として使用する事ができます。
すでにSoundCloudでの使用が可能になっていたSerato, Virtual DJ, DEX 3, Pioneer DJなど他のDJソフトウェアに続きついに真打ち登場でしょうか。

これを記念し、Sound CloudのNative Instrumentページに、Tommy Four Seven、Objekt、Felix Da Housecat、Kornel Kovacs等によるプレーリストが公開されています。
もちろん全てのTraktorユーザーが(SoundCloudへの登録は必要ですが)このプレーリストの楽曲使用も可能です。

実際のプレーの流れは以下の様になります。
・iOS App Store(iPad版)またはNative Instrumentsのウェブサイト(デスクトップ版)からTRAKTOR DJ 2アプリをダウンロード
https://www.native-instruments.com/jp/products/traktor/dj-software/traktor-dj-2/

・SoundCloud Go+に登録(日本は未対応です)
https://checkout.soundcloud.com/go/

・SoundCloudのプレーリストにアクセスしDj プレー & ストリーミング

SoundCloud Go+は月額$9,99となっています。(学生割引(大学生)は月額$4.99)
SoundCloud’s premiumとのセット価格は月額$16.99です。
配信&DJプレーを行うアーティストの方にとってはこちらのプランがおすすめです。

日本ではいつ開始になるでしょうか。
近々、年内には開始して欲しいと期待はしていますが、、、
開始次第即登録してみたいと思っております。

続報をお待ちください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。