Googleの音楽機械学習ライブラリーMagentaが1.17へバージョンアップ Tensorflow2.0も正規リリースへ


Googleの音楽機械学習ライブラリーMagentaが1.17へバージョンアップ



Googleの音楽機械学習ライブラリーMagentaが1.17へバージョンアップ しました。
連続でのアップデートとなりますが、最近の例にもれず今回も非常にわずかなアプデート内容となっており機能的に変化はありません。

Tensorflowのバージョンアップに伴い
tensorflow-probability
が0.7.0評価版から正式版へのバージョンアップ。のみの対応の模様です。

ところでむしろそのTensorflowの方がニュースかもしれません。


Tensorflow2.0がリリース

今回はバージョンアップではなくこれまで評価版だった2.0がついに正規にリリースです。

以前お知らせしたglobal_initializerやsession.runの廃止など色々な機能面でのアップデートが見られます。


https://www.tensorflow.org/guide/effective_tf2


特に今後さらに進化するであろうAIプロセッサーのためにパフォーマンス向上のためのアップデートをいくつか見る事ができます。

例えばマルチGPUへの対応やTPUへの対応(今後のバージョンアップで予定)は注目したいところです。

またバージョン1系からの以降がスムースに行えるモジュールが用意されているのもユーザーの事を考慮されていてポイント高いと思われます。

Magentaの対応はどうなるか?

今後の情報をお待ちください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。