Googleの音楽機械学習ライブラリー Magenta が1.2.0へバージョンアップ



Googleの音楽機械学習ライブラリー Magenta が1.2.0へバージョンアップしました。
最近連続でのアップデートですが、今回も非常に小規模。
一部のスクリプトの名称間違いを修正したのみとの事です。
GPU対応は進んでいるみたいですが、Tensorflow2.0への対応も待たれるところです。

なお、先日記事でお知らせした通り、まだバージョンによってエラーが出る可能性があります。
その場合
pip install magenta==1.1.7
などの様にダウングレードしてインストール&実践を試してみてください。
Magentaは1.1.7まではcpuとgpuが別々のモジュール、1.1.8からは標準でGPU対応となります。
Windows&Ubuntuの方は1.1.8が通常通り動く様ですが、Macではエラーの報告もあり、GPU関連のアップデートが原因でしょうか?
ひき続き検証してみます。

そういえば数日前この様な記事が



AppleとNvidiaの関係、終焉へ

https://www.gizmodo.jp/2019/11/its-done-for-apple-and-nvidia.html?cx_click=pc_ranking



すでに終焉していた感もなきにしもあらずですが、、、復縁に向けわずかな期待もしていただけに残念なニュースではありました。

どうなるMacでのAI開発?、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。