Pythonのライブコーディング環境FoxDotとAbleton Liveを連携! FoxDotでの外部MIDI演奏方法解説

Pythonでライブコーディング(プログラミングで演奏するライブパフォーマンス)できるFoxDotをご存知でしょうか?

https://foxdot.org/

ライブコーディングといえばRuby言語のSonicPiが有名ですが、FoxDotも機能的には負けていません。

FoxDotの魅力の一つは外部MIDI機器への接続。演奏が容易な事です。

Ableton Liveと連携し、LiveのシンセをFoxDotで鳴らす方法を解説します。


1・Super ColliderとFoxDotを連携

MIDIの外部機器への出力はSuperColliderを使用します。
SuperColliderのコーディング画面で

FoxDot.start

を記述し実行してください。


2・FoxDotのMIDI使用を実行

FoxDotの演奏を外部MIDIに出力するための実行コマンドは

FoxDot.midi

です。


3・ログで使用可能なMIDIの確認

無事にMIDIを認識できれば右下のログ画面に接続可能なMIDIが表示されます。
今回はDAW(LIVE)を仮想MIDIで内部接続するのでIACドライバーを使用します。
IACドライバーはMACの場合です。
Windowsの場合はLoopMIDIなどの仮想MIDIポートを使用してください。

4・ターミナルからFoxDotの起動

ターミナルからFoxDotを起動します。
コマンドは

Pyrhon -m FoxDot

です。


5・Ableton Liveで仮想MIDIを選択

Liveで使用するために、MIDIトラックのMIDI in機器設定のところからIACドライバを選択してください。
チャンネルは演奏状況に合わせ16チャンネル任意で指定可能です。

6・Ableton Live x FoxDotでライブコーディング

では演奏を確認してみましょう。


いかがでしょうか?

今回は簡単な演奏でしたが、もっと複雑なコーディングでの演奏や、ライブの音源やサンプルを合わせての演奏、Magentaを使用したAIライブコーディングとの連携など可能性は大いにあります!

皆様も是非実践してみたいですよね?

しかしFoxDotはPythonの知識も音楽の知識もそれなりに必要で情報も少ないです。
簡単ではないです、、、(それがプレーヤーの少ない理由?)

しかしCANPLAYではFoxDotの設定から演奏方法までを解説する講義があります。

Python音楽プログラミング

https://canplay-music.com/python-course/

最終回でFoxDotの解説をじっくりしっかり行います。
Pythonを覚え、ライブコーディングで演奏もできる!
未来の音楽TECHアーティストには魅力的な内容ではないでしょうか?

是非!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。