音楽制作におけるAIツールの効果的な使い方とは?

音楽制作はクリエイティブな作業ですが、最近ではAIを使用したツールが増えてきていますよね。制作現場にAIツールに何ができるか?完璧なオーディオトラックを作成するのに役立つのか、そしてどこに限界があるのか?など、みなさん知りたい情報だと思います。 今回は現状でのAIツール使い道と使用例をご紹介していきます。
完璧な楽曲を作りたい!と思ったとき、AIツールは問題のすべてを解決する手段にはなりません。なぜなら、問題の多くはクリエイティブ(創造的)な性質を持っているためです。



技術的な問題を迅速に解決する修正AIツール

音楽制作において、AIツールのアルゴリズムが機械学習に基づいているのか、ディープラーニングに基づいているのか、はたまた別の数学モデルに基づいているかはあまり関係なく、修正AIツールの目標は、熟練のエンジニアと同等の結果を提供することです。

現実世界の優秀なエンジニアは、楽曲に問題があった場合、アーティストと相談するまでもなく問題の原因特定と修正をササッと終えることができます。
例えば、ある特定の周波数がピーキーになっていて、イコライザーで調整する必要があったとします。 優秀なエンジニアがいない場合、手動で対処するか、またはAIツールを使って対処するかの2つの方法があります。




AIツールにクリエイティブな作業はできない

特定の音色(ピアノやギター)は、アーティストによる演奏が必要で、AIツールによる自動化はできません。昨今ではメロディを自動生成するAIツールもありますが、(今のところ)個人のビジョンを再現するものや面白いアイデアを生み出すものではありません。
現時点でのAIツールの利用用途としては、時間のかかる反復作業や技術的な作業を代行してくれるような使い方が一般的です。 AIツールを使ってトラックをブラッシュアップする時間は、手作業よりもはるかに早く、まるで優秀な超高速エンジニアに委ねるようなものです。なおかつ、すべてが同じ音になることはなく、個性を失うリスクもなく、クリーンなサウンドが得られます。



クリーンな音に集中し作業する

ミックス音源やオーディオファイルにノイズや不必要な周波数や入っていると非常に気が散りますよね。クリエイティブな部分に集中したいのに、オーディオの下処理に時間を使ってしまうことがよくあると思います。そんなときでも、クリーンなサウンドがすぐに手に入れば、技術的な問題を気にすることなくクリエイティブに集中することができます。
AIの強化されたツールでは、人間のレベルを超えた精度で作業を行えます。 「smart:EQ 2」のようなイコライザーや「smart:comp」のようなコンプレッサーは、信じられないほど高い周波数分解能でトーンバランスを調整します。
一般的なよくある問題を抱えたオーディオトラックの例をいくつか紹介します。 オリジナルのトラックと、AIツールで修正された後のサウンドを聴いてみてください。



例1:「smart:EQ 2」

2つのギターサウンドはどちらも理想的ではありません。 マイクをギターのボディに近づけすぎたために、かなりブーミーな録音になってしまっています。


「smart:EQ 2」を使うと、低音を減らし高音を増加させる処理がされました。




例2:「smart:comp」

このトラックは、リバースされたピアノとパッド・タムタム(鐘)が聴こえますが、オリジナル音源ではピアノがパッドにマスキングされてしまっています。


「smart:comp」のサイドチェインダッキング機能を使い、ピアノトラックをサイドチェインとしてパッドトラックに使用しました。 そうすることで、パッドの音色がピアノのスペースを確保するために、ピアノよりも後ろに移動されたのが分かると思います。




音楽制作におけるAIツールの限界

AIツールにはできないことも当然あります。限界の一つには、使用する元音源が一定のクオリティを持っていなければならないということです。
元素材がビットレートやサンプリング周波数が低かったりノイズが入っていれば、AIツールを使っても魔法のようにキレイにはなりません。AIアルゴリズムは「改善」することはできますが、品質が悪い素材に対して出来ることは現状限られています。
とは言っても、昔と違って今は高音質なレコーディング機器が比較的安価で使えますが、、



初心者や音楽プロデューサーのためのAIツール

AIツールには限界がありますが、音楽制作者にとって非常に興味深いオプションを提供してくれます。 音楽初心者やプロデューサーが自身でレコーディング時やミックスでの問題を解決しようとしているなら、「smart:comp」や「smart:EQ 2」はオススメのツールかもしれません。すぐに始められ、オーディオトラックを簡単に改善することができます。

あなたが時間を節約し高品質なツールを探しているなら、AIツールは今後のあなたの武器になるかもしれませんよ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。